日焼け止めと美白化粧品でシミ予防

いま、シミそばかすがない、くすみのない肌を求めた美白ケアを行っている方が増えています。


有効な方法としては、まずは日焼け止めを使うことです。

紫外線には、シミそばかすの原因となるメラニンを増やしてしまうということがありますので、紫外線対策として日焼け止めを使うことはとても大事です。

できれば日焼け止めは夏だけではなく、一年を通して冬も使うことをおすすめします。

さらに、スキンケアについても、美白化粧品を使うことをおすすめします。



美白化粧品の成分としては、アルブチン、ハイドロキノン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがこれに当たりますが、メラニンの働きを抑制したり濃くしないという効果が期待できますので、美白化粧品を使い続けていくことで数年後の肌に違いが出てくるでしょう。

しかし、美白化粧品を使っても、今できているシミそばかすについては、消したり薄くしたりするというのは難しいといわれています。



スキンケアで薄くしたいということでしたら、美容皮膚科などでハイドロキノンの濃度が高くなっているクリームを処方してもらうと良いでしょう。




より強い漂白機能がありますので、期間としてはかかりますが、徐々にシミが薄くなってくるということが言えます。



使用に関しては、医師の診断を受けてからの方が安心です。もしこれらの対策をしていても、シミそばかすが気になるということでしたら、レーザーやフォトフェイシャルなどの施術を受けることもできます。